著作権フリー音楽ライブラリは多様でビデオに必要なカッコいい音楽を提供出来ます。それは静かな背景音楽または力強くパンチを聞かせる音楽などを探している場合、役に立ちます。しかし、ストック音楽を音楽フィルターを使用することにより使用したいと考えるかもしれません。では、どんな音楽フィルターを使用するべきか? どのようにすれば簡単に音楽フィルターを追加出来るか? 次に簡単な音楽フィルターガイドがあるので、参照してください。

 

最も使いやすいフィルター

音楽を通常サウンドからかけ話したいのであれば、音楽フィルターはトラックからある周波数を取り除くことができます。最もポピュラーなフィルターのうちの1個である「ローパス」フィルターは高音のノイズを減らし、低音の周波数に合わせる窓口となります。ほとんどの「ローパス」フィルターは反響コントロールができ、フィルター同士を合わせること反響で注意をひく音の幅を作ります。「ローパス」フィルターほど一般的ではありませんが、背景音楽において、「ハイパス」フィルターも簡単に使用できます。名前から想像できるように、「ハイパス」フィルターは低音周波数を取り除き、高音周波数をより聞こえやすくします。

 

より特化されているサウンド

著作権フリー音楽ライブラリよりトラック用音楽を購入後、その音楽を再生したいと思うかもしれません。そして、再生する際、面白いフィルターがあります。

・「バンドパス」フィルターは2個の周波数が選択でき、この選択した2個の周波数間にある全てのサウンドを再生するようにします。

・「ノッチ」フィルターは選択した幅内の全てのサウンドを削除します。

・「コンボ」フィルター、サウンドオンサウンドによると、周波数反応においてピークとくぼみを作成します。特徴的であるが違ったフェイズがあるシグナルがまとめられていることが原因となります。

上記フィルターは一般的なフィルターではありませんが、背景音楽に特徴を作成したい場合、とても役に立つフィルターです。異なったフィルターを使用し再生することにより、その許容量に慣れてくると思います。そして、プロジェクトに最も適した音楽を作成出来ると思います。

ほとんどのフィルタリングソフトウェアは使用しやすいものです。もしあなたが初心者であれば、「Fabfilter Simplon」または「Sonalksis TBK1 Creative Filter」を試してください。「Fabfilter Volcano 2」や「Logic Pro’s Autofilter」にはもっと豊富なプラットフォームが含まれています。

 

正しいトラックを選択すること

音楽ライブラリはとてもたくさんのトラックがあります。そして、プロジェクトに適したトラックはあなたが作成したいモードによります。フィルターを使用する練習をしたいだけなら、ギターやドラムをたくさん使用しているトラックを選択する方がいいかもしれません;これらの楽器は長い間フィルターと共にあるからです。

一方で、もしドラムやギターがあなたのプロジェクトにおいてロック過ぎる場合は、スローなバイオリンまたはソフトなパーカッションのような音の方があなたが求めるものに適しているかもしれません。始める際、背景音楽を選択する際のガイドを参照してください。

もしあたなが作品に何かスパイスを追加したいのであれば、音楽フィルターは素晴らしいオプションです。基本的なフィルターに慣れることから始め、フィルターがどんな役割を果たすかしっかり理解するまで、学び続けた方がいいです。そうすることにより、ユニークなサウンドを使用した洗練された作品を作ることが出来るようになります。