休暇シーズンは、友達や家族と過ごす時間でもあり、カードやギフトで感情を表したり、家族の伝統と休みを祝うビデオを撮影するのに一年で最も適した時間でもあります。休日に家族ビデオを撮影することは、家族全員に楽しい出来事だけではなく、今後宝物になるであろう要素も含みます。ここでは思い出に残るホームムービーになる家族のイベントを撮影する10のヒントをご紹介します。

カメラを安定させる

ビデオを撮影中いかなる状況でも、手でカメラを構えて、安定性を保てるよう最善を尽くすようにしてくだい。まだ三脚をお持ちでない場合、購入を検討されるかもしれません。しかし、三脚を使用できないような状況の場合、脇をしめて、できるだけ体に近づけるようにしてカメラを構えて安定させるようにしてください。

ショットを確立させる

特定のイベントを撮影する前に、シーンをセットするためにショットをいくつか確立しておきましょう。ストーリー構築の手助けになる家全体のワイドショットか玄関ドアのミディアムショットを撮りましょう。また、子どものほうがよりカメラにリラックスして接しられるように、小さい子にカメラをたくして、いる場所や何をしているか代わりに確立させるのも可愛いアイディアかもしれません。

大きなイベントが起こる前後に動き出そう

大きなイベントに至るまでの期待とその後の表現は常に思い出に残るものです。イベントが起こる前の子供の目の輝き、ライトアップされたクリスマスツリーに興奮して手をこすったり、その光に「わー!」と声を発したり・・・そして、大きなイベントが始まる数秒前にカメラを起こし、イベントが終了した後も余分に数秒撮影し続けてこのような経験をビデオに必ず撮るようにしてください。それらのシーンは、1つの大きなイベントから別のイベントへ移行するときにトランジッションが必要だと感じた際に、編集過程に役立つでしょう。

 

独創的な視点でアクションをミックス

休暇ビデオを撮影中、子供に集中したいのは当然ですが、結局ビデオに子供の驚きと無邪気感ばかり残ってしまいます。しかし、家族の他の人にも同様にそれぞれ撮影する時間を設けるようにすることを覚えておいてください。また、立った姿勢からイベント全体を撮らないようにしましょう。アングルを変更し、動画の全ての対象ポイントから撮るようにしてください。例えば、子どもやペットが走り回っているのを撮影しに行く場合、彼らの目線に合わせるようにしてください。それがイベントに参加している家族の全員それぞれの見解をもたらします。もう一つ、もし家族の小さい子にカメラを渡しても構わないなら、是非渡して、彼らに撮影をさせてみてください。きっと予測できないようなおもしろいショットが撮れるでしょう。

 

ファミリーインタビューでストーリーを公開

撮影対象者との交流は、あなたのビデオに沿う上で重要です。そのため、親戚や友達やその他の人にビデオで話しかけて、彼らの考えを聞いて見てください。例えば、プレゼントを開封するときに、中身が何であってほしいか聞いてみたり、プレゼントに対しての感想を聞いてみてください。彼らが知っている話題へ広げるために質問やトピックを考えておきましょう。

 

家族の伝統に焦点をあてる

各家族は休暇に独自の伝統があります。クリスマスのごちそうのためにテーブルをセットしたり、クッキーを焼いたり、クリスマスツリーのトップに星を飾ったり・・・それらの瞬間を全て撮らえるようにして、今後数年後に振り返りましょう。

 

家族関係を撮影

確かに、プレゼントやライト、食べ物が全てです。しかし、最終的には一番大切な家族や友達のグループです。全ての大きな瞬間を捕らえず、一番の瞬間を疎かにしないようにしてください。そのため、家族間でのジョークや優しい瞬間の笑いや笑顔を確実に撮るようにしてください。

プレゼントの興奮を撮影

プレゼントの受け渡しは、休暇の大きなイベントの一つであり、特に小さい子には一年で最も期待する瞬間の一つです。そのため、子どもたちの目に焦点をあてて、プレゼントを受け取るまで待つ期待の様子や、それを開けた時の感想など期待でいっぱいの展開を撮影する準備をしておきましょう。また、新しいプレゼントを手にとっている対象者(子供が新しい自転車に乗っているところや、おばあちゃんが家族写真を見つめている姿やお父さんが新しいセーターを着てポーズをとっているところなど)を確実に撮るようにしましょう。

良いBロールの撮影

編集過程で特に役立つのは、得られる限り多くのBロールを撮影するよう最善を尽くしてください。休暇の気持ちをとらえたショットを探してください。食べ物の準備や全ての装飾が付いていてプレゼントがあるクリスマスツリーや、家に散らかっているプレゼントから剥がした包装紙の「残骸」、新しいプレゼントを試そうとしている家族など記録してください。

 

楽しむ!それも休暇の一部です

休暇ビデオに任命されたビデオグラファーとして、いかなるアクションも見逃さないようにカメラを一貫して撮影しなければいけないと思うかもしれませんが、それ以上の間違いはありません。休暇家族ビデオは素晴らしい記憶を与えますが、あなた自身が休暇イベントに参加しないことには成り立ちません。三脚に取り付け、録画ボタンを押し、イベントにきちんと参加しましょう。

こちらに記載されている全てのヒントに圧倒されないでください。全てに従う必要はありません。何より重要なのは、休暇は家族や友達、お祝いや、楽しみの時間であることを覚えておいてください。カメラはただその瞬間を撮影するだけで、楽しみを制御してしまうものではありません。そのため、ただリラックスしてその楽しさに参加してください。そしてホームビデオをとてもユニークで楽しくする全ての自発性をカメラに撮影させてください。

ハッピーホリデー!

 

素敵な休暇家族ビデオをお持ちですか?

今すぐ参加して、MotionElementsであなたの作品をアップロードすることで受動収入を受け取ったり、もっと高画質の動画やCG動画を見つけましょう。当社の拡大し続ける素晴らしい休暇動画をご覧になって動画制作にもっと価値を与えましょう。