動画作成者として、音楽やオーディオエレメントがあなたのプロジェクトにあれば、インパクトを与える事ができることは理解していると思います。しかし、どのようにあなたの動画にオーディオをフィットさせるか? どのようにプロのようにでき、ゴールを目指すか?  オーディオの編集を行なう必要があります。ここに編集過程に乗り出す前に知っておく最も重要なことがあります。

正しいソフトウェアが必要不可欠

ウェブ上などに無料のオーディオ編集プログラムがあります。しかし、検索に出てきた初めのものに入り込んではいけません。あなたの必要とするものに対し、簡単過ぎるプログラムがあります。一方で、また複雑過ぎるものもあります。Audacityは良いレビューを持っています。これは無料でユーザーインターフェイスが見やすいオープンソースのプログラムです。難しいプログラムに従事する前にオーディオ編集を行なう方法を学ぶ良いツールです。

 

背景にあるノイズのカットを行なう必要があります

ダイアログを録音する際、初めてそれを聞き直す時聴衆の注意を逸らし、素人のようにする背景ノイズがなくクリアに聞こえるかもしれません。しかし、ボーカルの声を圧縮しした際背景にある音が通常聞こえるようになりまうす。これは自分で音楽の録音を行なう場合、音楽にとって問題になります。作成過程を効率化するために、MotionElementsのような背景音楽や音楽をストックしている著作権フリー音楽から自分の映像にあう音楽を検索するかもしれません。

 

シンクロが鍵となる

これまでに、音楽を聞いていて、何が明確な問題か分からないけれど何かおかしいと感じたことがありますか? それはおそらく正しくシンクロできていないことに関係があるかもしれません。音を移動させるデジタルオーディオのワークステーションの使用方法を学び、適切な時間になるよう調整します。心配する必要もありません。保存されているトラックファイルをオリジナルのまま置いておけば良いだけです。それにいつも比較し、確認する必要もあります。

 

忍耐が必要です

ダイアログ、ビデオの背景音楽、メイントラック、どの編集を行なうかどうか、プロジェクトを確認する事から始め、確認するためには少し時間がかかります。時々、歯切れよく、クリアで、時間通りかどうか確認するために、ビート毎にトラックを見なければならないかもしれません。

録音したトラックにエラーがある場合、再録音に対しての編集を見積もる必要があります。たまに、始めから行なう方が、時間浪費と頭痛を防ぐこともあります。

ミックスを行なう前に編集を行なうべきです

「ミキシング」という言葉は個々のトラックを重ね合わせ、1つの音楽を作る際に用いられる言葉です。編集を行なう前にミックスを行なう事も出来ます。しかし、全て一緒にしてしまうと常に微調整を必要とさせられます。ミックスを行なう前に編集に注意を割いていれば、より簡単な行程となります。

音楽を録音、ストック音楽を使用、動画に歯切れのいいダイアログを入れるかどうか、オーディオの編集スキルが必要不可欠となります。上記の情報を知ることで、動画作成やプロジェクトを良い見た目にするヘルプとなります。