今月のピックアップアーティストは Mirkicです。インタビューの前にいくつかスタンダードな質問メールを送りましたが、その回答をみなさんにそのまま読んでいただく方が彼のことがよく分かると思いましたのでそのようにすることにしました。どうぞご覧ください。

MotionElements: ご自身のことを少し話してください。

Mirkic:私の拠点は元ユーゴスラビアのセルビアです。35歳で、ここ二年間はストックを売って生活をしていますが、それ以前はベルグラード(セルビアの首都)のセレブ雑誌のレイアウトエディター、デザイナーを十年間やっていました。私には子供が三人いて、女の子が二人、男の子が一人、素敵な奥さん、犬、インコ、ウサギとあとそれから「家」を持っています。それから借金もたくさんあります。(笑)

ME: あなたのビジネスは会社ですか?会社である場合、いつ設立されたんですか?

M: 会社ではありませんが、でも自分のウエブサイトを持っていて「真剣に仕事をしに行って」います。

ME: 従業員はいないんですか?

M: わたし一人です。

0515-Mirkic_375x400

ME: 今はどんな事に取り掛かっていますか?

今はポートフォリオを4Kのクリップに拡大して、3000以上のファイルを作っています。それがストックビデオの近い将来の姿であり、それに乗り遅れないようにと考えているからです。それから、サウンド・イフェクトでは1ビットdidフォーマットの録音を始めました。これもすぐにやってくる未来に備えての事です。

ME: いろいろなさっている中で何が一番楽しいですか?****

寝ながらお金を稼げることです。(笑)後、大自然で過ごすことが好きです。

ME: あなたの創作の情熱を刺激するものは何ですか?誰、または何があなたの芸術の神(ミ ューズ)ですか?****

お金が一番のモティベーションになります!とはいえ、それだけではありません。2005年にストックを売り始めたとき、私の作品が世界に出て、遠くの、本当に遠くの知らない国の人々にわたしがコーヒーブレイクの間に作ったものを見られたり聞かれたりしてると思うとわくわくしました。これはクールだと思いました。

ME:**いつから、どのようにしてストックを売るようになったんですか?**

アメリカンエクスプレスのカードのせいです!2004年に銀行で作って、それからちょっと気に入った買い物がしたくなってCanonのEOS 30dを勝ってしまいました。その後レンズなども買ってしまって、いつかこのお金を返さないといけない事に気づきストックを売り始めました。アメックスの借金を払うために始めたんですね。(笑)

ME:**お気に入りの作品はありますか?ある場合、その理由を教えていただけますか?**

いいえ!お気に入りはないです。まだ作ってないようです。(笑)

MotionElements Stock Footage

ME:**一生に一度しかないような機会で撮影かレコーディングのプロジェクトを任されたとき、ひとつしか選べないとしたらあなたはどの機材を持っていきますか?その理由も教えてください。**

そうですね、私は撮影もレコーディングもするので撮影するためにはPanasonic fz1000を、サウンド用にはKorg Mr2を持っていきますね。両方共見かけによらずたくさんの事ができるんですよ、持っていると見かけは何も知らない旅行者のように見えますが。使うのは簡単で目立たないからスパイのような仕事もできます。

ME:そのため**にはどのソフトウェアを使用しますか?その理由も教えてください。**

Wave labとAfter Effectsですね。これがあれば私の想像する事は何でもできるんです!

ME:**あなたの仕事をどう説明されますか?**

まだまだですね。まだ体力も創造力も30%の力しか使っていません。もっと頑張らなくちゃ。(笑)

Mirkoの作品はこちらでご覧いただけます MotionElements Artist Page, Mirkic.