写真素材や動画素材を購入する際に、モデルリリースやプロパティリリースという言葉を見かけたことはありませんか?

簡単に言えば、その写真や動画の素材に写っている人物や建物、物や作品などの使用許諾の事を指し、人物の使用許諾の事をモデルリリース、建物、物や作品の使用許諾の事をプロパティリリースと言います。

モデルリリースがないとどんなリスクが考えられる?

人物はすべて「肖像権」を持っており、例えそれが一般人であっても、「勝手に写真や動画を撮影され、公表されることを拒否する権利」を持っている、と言ったらわかりやすいかもしれません。

そのため、許可を取得せずに勝手に人物を撮影する、また、撮影した写真や動画を勝手に販売する、さらに、広告やウェブサイト等大多数の目に触れるところで使用する、といった行為を行うと、その被写体からクレームが来てしまい、問題が発生する可能性が考えられます。

プロパティリリースがないとどんなリスクが考えられる?

物や建物の場合、例えそれが空撮等で写り込む可能性のある屋外に設置あるいは建造されている場合でも、国によっては様々な法律で保護されている可能性があります。

また、日本でも、例えば有料で入る寺社仏閣等の建物の外観や内部、屋外にあるものでも著作者の権利が有効なアート作品等の場合、人物と同様にその被写体に使用許可を取得しないで無断使用しり公表した場合、クレームが発生する可能性が考えられます。

モーションエレメンツでは、全ての素材の詳細欄で、モデルリリースとプロパティリリースの有無を確認できるようになっています。それぞれの情報欄が「はい」になっているものは、既に使用許諾を得ていますので、規約の範囲内で安心して使用いただけます。

もちろん、自然風景やCG動画素材等、そもそも許諾を必要としないもののもありますが、動画素材を購入する際には、被写体として写り込んでいるものを確認いただき、モデルリリース、プロパテティリリースの有無を必ずご確認下さい。

また、弊社に限らずその他全てのストック素材を購入する際に、上記の情報を参考にしつつ、それぞれのサイトの規定を確認することもお忘れなく!