おそらく今までにいくつか結婚式を見てきたでしょう。数時間前に起きたことを魅力的なビデオクリップにしてレセプションで見せます。新婚夫婦とゲストを驚かせるために、その日の編集は本当に驚異的な働きをします。

しかし、多くのビデオ撮影のSDEは誰もができるものではありません。このクラフトを学ぶのに必要なヒントがあります。一旦それらを練習して習慣としてしまえば、イベントもカバーでき、同日に素晴らしい動画を作成することができるようになります。

はじめから整理する

イベント前に、全てを整理する習慣をつけるようにしましょう。装置のエクストラバッテリーのセットを準備する他に、ビデオクリップのラベルをチェックしてください。一旦編集が始まったらすぐにアクセスできるよう、それらの種類をフォルダーに分けてください。プランの撮影者と編集者に担当を分けて、イベントの最中は計画的に実行するようにしてください。

時間を推測

常に時間を測って、必要な場合は秒単位でみてください。SDEの全てはどの程度時間をクリップの分類、1つに組み合わせ、完成時にレンダリングできるかになります。クリップを開ける前に、プログラム全体の長さ、トラベルタイム、編集時間を考えておきましょう。

自分で自分のショットを流し読みして、良いビデオを作成できるものを選ぶのに十分な時間をとるようにしてください。SDEにイベント全体を見せる必要はなく、ハイライトのみで良いことを知っておいてください。 編集者として、クリップの何をカットして何に焦点をあてるべきか知っておく必要があります。

小道具を準備

イベント前夜、バッグに全てを準備しましょう。カメラは良いコンディションで、ハードドライブは利用できるスペースがきちんとあるか、バッテリーはフルでチャージされているか確認します。動画素材、サウンド、テンプレートのような基本的なファイルをノートパソコンに忘れずに追加してください。

撮って出しビデオにあう素敵な動画素材やAfterEffects または Motion templatesMotionElementsで見つけましょう。それらを使用することで、クリップの作成時間を大幅に短縮できます。全てロイヤリティフリーなので、一度ご購入いただくとウェディングやその他商業目的などで何度でも追加料金なしでご利用いただけます。