映像合成は、シーンを構成するビジュアルメディア素材と一緒の複数のレイヤーを単に取り込むことを言います。これらメディア素材が動画、イメージ、グラフィック、テキストまたは3D 動画になります。動画のコンポジションを作成するために、編集ソフトにどの動画またはイメージの部分を見せるか、どのパートを隠すか、見せることになっている基礎となる素材があるかどうか伝える必要があります。それらを可能にする方法はたくさんありますが、ここではアルファチャンネル・マット・キーの仕様に関する最も一般的な3つのテクニックをご紹介します

アルファチャンネル

アルファチャンネルは、動画か画像を完全にまたは一部分を透明にする追加レイヤーです。チャンネルは基本的に赤、緑、青のチェンネルの透明度をコントロールできる画像の透明度情報を含みます。

アルファチャンネルは様々な方法で使用されます。完全に不透明なものから透明なものまであるトランジッションのテレビのグラフィックや、動画の背景にシームレスにフェードインするテキストを見るたびに、アルファチャンネルを見ていることになります。.

映像合成にアルファチャンネルを使用することはいくつか利点がありますが、一番は疑いも、視覚的魅力もないことです。アルファチャンネルなしでは、他のものに重ねた画像はアンチエイリアスにならず、端が全く魅力のないブロック状のギザギザしたものになってしまいます。

マット

映像合成のもう一つの重要なコンセプトは、マットを使用することです。単ボールの一部を切断し、繰り抜いたものの形状と穴が残る元の段ボールを想像してみてください。繰り抜いたものを写真におくと、繰り抜いた形のところはブロックされます。そして、同じ写真に対して穴が空いているほうの段ボールを置くと、穴が空いているところだけ見えます。これがマットのしくみで、電子的になるだけです

背景画像の全てまたは一部を前景レイヤー越しに表示できるマットを作成することで、好きな方法で1つのトラックを他のトラックを介して正確に表示することができるので、マットは合成の重要な一部です。

正方形、円、ひし形の幾何学的なものから、4つか8つの点のガベージマットのように形をカスタマイズできるものまで多様なマットを利用できます。元の動画にある隠したいものにマスクをする素早く「汚い」方法として特に役立つので「マット」と呼ばれています。テキストやタイトルも幾何学マットのバリエーションと考えられています

キー

クロマキーは、ひとつのイメージ(たいていライブ映像)と以前撮影した動画またはグラフィックを合わせて、完璧に自然に見せるために使用されるプロセスです。ソフトウェアパッケージに特定の色の全てのピクセルをとり除き、他のショットからライブ映像にそれらを置き換えることをクロマキーといいます。伝統的に、クロマキーで使用される色は一般的にRGBビデオ信号を形成する基本色の明るい緑か明るい青のどちらかです。

毎晩天気予報としてテレビ局で使用されているため、ほぼ全員がキーの効果を見ています。これら天気予報では通常、雲、気温、暴風雨のような天気情報の画像を映像化します。これにクロマキーの色が使用されています。何が起こっているかというと、天気レポーターが大きくて均一に点灯した全て同じ色のスクリーン(通常青か緑)の前に立っており、第2のビデオリソース(この場合は天気図)をその色の箇所に置き換えているのです。

クロマキーを使用する際、キーと同色のものを着用していると、キーが作動したときにその部分が見えなくなったり、合成したときに動画から消えてしまうので、同色のものを着用しないようにすることが必須です。

楽しみましょう

これでアルファチャンネル・マット・キーの基本的な使い方がわかりましたね。あなたの創造力をふんだんに使うときです!映像合成は想像の制限がない世界です。すぐに飛び込んで、楽しみを始めましょう!

CG動画または動画のアルファチャンネル・マット・キーはお持ちですか?

今すぐ参加して、作品をアップロードすることで受動収入を得ましょう。MotionElementsではより高品質の動画やCG動画を入手いただけます。あなたの動画制作のための多様な素材の アルファチャンネルマットキーを是非ご覧ください。