最近、TwitterやFacebookなどのリプライやコメント欄でよく目にするGIF。
投稿に対して、大声で笑ったり、大げさに泣いてみたり、とっても落胆してみたり、怒りを爆発させたり。
まるでLINEのスタンプ機能のように、表現力豊かにリアクションができるコミュニケーションツールとしてSNSでは欠かせないものとなっています。

GIFとはそもそもなんなのか?

『Graphics Interchange Format』の略で、画像のフォーマットの一つです。
基本的に静止画像のファイル形式ですが、1つのファイルの中に複数の静止画像を保存し、それらを順番に切り替えることでアニメーションとして表示されます。
アニメーションなので動画のフォーマットと勘違いしてしまいそうですが、
画像の一種なので皆さんのスマホの写真フォルダなどに簡単に保存することができます。

因みに、読み方ですが『ぎふ』って読んでしまいそうですが、
正確には『じふ』と読むのが正しいようです。

有名人のGIFは著作権侵害になる?

TwitterやFacebookのGIF検索機能や、おもしろGIFまとめサイト等、インターネット上で簡単にGIFを検索してダウンロードすることができます。
しかし、これらはあくまで『GIFアニメを紹介しているだけ』であり、中には許可のない有名人・アニメなどの著作権を保有するGIFが多数存在しています。
手軽に面白いGIFを検索でき、ダウンロードしたものをSNSに投稿してしまうかもしれませんが、その行為が著作権侵害となってしまうことも!?

どんな時にGIFを使ってリアクションすればいい?

気軽に検索したGIFを使用すると、上記のようなトラブルに発展することもあります。
では、どんなGIFなら使っていいのか?
そして、どんな時にGIFは使えるのか?

これからご紹介する著作権フリーのGIFならTwitterやFacebookで使用しても大丈夫!

 

・それ面白いね!

 

 ・泣ける…

 

・素晴らしい!

 

・花火を打ち上げてお祝いを盛り上げる!(無料)

 

・爆発しろ!(有料)

 

・『いいね』をもっと伝えたい時に!(無料)

 

・クリスマス、ハロウィンなどの季節のイベントの時に(無料・有料)

※有料のGIFは月額定額制となっています。

 

GIFを投稿するには?

TwitterにGIFを投稿する

ツイート画面を開きます。
ツイッターのGIFアニメ検索からGIFを投稿する場合は、『GIF』のマークをクリックorタップします。

<パソコン版>

<スマートフォン版>

 

 

GIFアニメ検索の画面が表示されます。
検索欄に単語を入力して、使いたいGIFを探しましょう。

<パソコン版>

<スマートフォン版>

 

 

自分で保存したGIFを投稿する場合は、ツイート画面の画像マークをクリックorタップ。
フォルダの中から使いたいGIFを選びましょう。

<パソコン版>

<スマートフォン版>

 

 

使いたいGIFを選択すると、ツイート画面にこのようにGIFが表示されます。
あとは『ツイート』をクリックorタップすれば投稿完了です。

<パソコン版>

<スマートフォン版>

 

 

FacebookにGIFを投稿する【パソコン版】

 

投稿画面を開きます。
FacebookのGIFアニメ検索からGIFを投稿する場合は、『』のマークをクリックします。

 

次に『GIF』をクリックします。

 

GIFアニメ検索の画面が表示されます。
検索欄に単語を入力して、使いたいGIFを探しましょう。

 

自分で保存したGIFを投稿する場合は、投稿画面の『写真・動画』をクリック。
フォルダの中から使いたいGIFを選びましょう。

 

使いたいGIFを選択すると、投稿画面にこのようにGIFが表示されます。
あとは『投稿する』をクリックすれば投稿完了です。

 

 

FacebookにGIFを投稿する【スマートフォン版】

 

投稿画面を開きます。

 

FacebookのGIFアニメ検索からGIFを投稿する場合は、『GIF』をタップします。

 

GIFアニメ検索の画面が表示されます。
検索欄に単語を入力して、使いたいGIFを探しましょう。

 

自分で保存したGIFを投稿する場合は、投稿画面の『写真/動画』をタップ。
フォルダの中から使いたいGIFを選びましょう。

 

使いたいGIFを選択すると、投稿画面にこのようにGIFが表示されます。
あとは『シェアする』をクリックすれば投稿完了です。

 

 

GIFはもちろん、画像や音楽、気軽にインターネット上でダウンロードできるものが増えています。
使用する際には、無料なのか?有料なのか?転載して良いものなのか?、
しっかりと確認をして、SNSで楽しくコミュニケーションをしましょう!