ショートカットキーを使うと作業効率が格段にアップ

プレミアプロでは色々な表現が可能ですが、どの作業をするにも重要なのがショートカットキーです。

ショートカットとは何か?

AEで目的の操作をする際に基本マウス操作で作業をする方が多いと思います。 ただ、非常に多くの操作をやらなければならない場合、少しでも早く目的の処理にたどり着く方がクリエイターにとって幸せではないかと思うのです。 そこで利用するのが一つのキーで複数の処理を賄う事が可能なショートカットの利用になります。

カット編集ではまずこれを覚えよう

Jで巻き戻し

j Jキーを押すと素材を巻き戻す事ができます。

Kで停止

k Kキーを押すと再生中の素材が一時停止する事ができます。これもよく使うキーですね。

Lで再生

l Lキーは再生ですね。これは作業する上で一番行うであろう操作の一つですね。再生ボタンはありますがショートカットを使うことによってより直感的に操作が可能になります。複数回押すと倍速再生にもなります。

JKLを使いこなす

jkl

何故このJKLが使いやすいかを考えてみましょう。まず右手をこのように配置しましょう。

人指し指 = J

中指 = K

薬指 = L

このように右手を置いていただくと3つのキーが隣り合っている事がわかると思います。そのため毎回キーボードを確認しなくても操作をミスする事なく作業ができます。常に再生、停止、巻き戻しを行う場合は右手をこの位置に固定して使うというようなイメージですね。

Iでインをマーク

i JKLになれたら次は使いどころの調整です。インというのは使い開始点ですね。イン点と呼ばれることもあります。その素材の使いどころをここから使うよ!という意味です。これもボタンで押すよりもショートカットを使う方が圧倒的に使いやすいのでオススメです。

Oでアウトをマーク

o これはインをマークの逆です。アウト。つまり終了の位置を決めます。ここまでの部分を編集で使うという場合の終わりの部分と考えていただければいいのかなと思います。

インアウトを削除

x インやアウトをつけた後に解除をしたい場合に使うショートカットです。これもとてもよく使うので覚えておいて損はないと思います。

J = 巻き戻し

K = 停止

L = 再生

I = インをマーク

O = アウトをマーク

Opt + X = インアウトを削除

今回のこの6つをまず覚えて作業効率を上げていきましょう。 意識して使えばすぐに覚える事ができます。覚えた時の感動は格別です。

是非試してみてください!ではでは!